スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻呼吸って大切!!

Cさん
11月23日に日本歯科大学九段ホールで行われた、
第4回 創建フォーラム  < 口呼吸を考える >講習会に院長先生と行ってきました。

(院長よりひとこと 私の怠慢で、アップが遅くなって、時期がずれてしまいました。今後も続くと思いますが、ご容赦下さい。)

皆さんは今、どうやって呼吸をしていますか?
お鼻を使って? それともお口を使って呼吸していますか?

「 口 」と思った方、要注意です!!


口呼吸は、鼻呼吸ができなくなった時に使う 補助的な呼吸 です。
( 例えば運動をした後、息があがってしまってお口で呼吸する一時的なものなど )

ですが、習慣性な口呼吸はよくないことなのです。
( 口唇がと閉じない、鼻疾患の方に多いのが、口呼吸です )

では口呼吸が良くないこと、それはなぜでしょうか(・・?)

実は口呼吸をしていると、気管支炎・喘息・副鼻腔炎・アレルギー・アトピーなどを患う可能性が大きくなります。

それに、風邪にもかかってしまうことが多くなってしまうのです。

鼻の中には鼻粘膜とよばれるものがあり、ここには細かい繊毛がじゅうたんのようになっています。
そこで鼻呼吸をすることによって、外から入ってくる異物を排除してくれています。


ところが、口で呼吸をしているとどうでしょう(・・?)
ホコリやチリ・ウイルスなど排除できず、身体のなかに吸い込まれてしまうのです。

講師の福岡 雅先生がおっしゃっていました。
「新型のワクチンを打つ前に、やるべきことがあるのです。」

口呼吸を治し、鼻呼吸にすることが天然のワクチンシステム☆になるのです(^^)


ほかにも、口で呼吸をするため、ポカンと口を開けている状態でいると、口の周りの筋肉が衰え、厚くはれぼったい唇になっていきます。

さらに、通常は上の顎の内側につくべき舌の先の位置が下がり、舌と頬のバランスにより変わる、歯並びも悪くなってしまいます。


< 口呼吸になっていませんか? >
チェックをしてみましょう☆

□ いつも口を開けている
□ 口を閉じると、顎にウメボシ状のシワができる
□ 食べる時にクチャクチャ音をたてる
□ 朝、起きたときにのどがヒリヒリする
□ 歯のかみ合わせが悪い
□ くちびるがよく乾く
□ イビキや歯ぎしりがある
□ 口臭が強い
□ タバコを吸っている
□ 激しいスポーツをしている

1つでも当てはまるものがあったら、口呼吸をしている可能性があります。


ここで口呼吸をなくすために、講習会で教えていただいた、今井 一彰先生による<あいうべ体操 >をのせたいとおもいます(^^)

口の周りや舌の筋肉を鍛え、口呼吸をなおします。おすすめです☆

DSCF1464_convert_20120415214454_convert_20120415214642.jpg

「免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、腫瘍性大腸炎にも効いた!」
今井 一彰(著)



☆ あいうべ体操 ☆
① 「あー」と大きく開く
② 「いー」と大きく横に開く
③ 「うー」と口を強く前に突き出す
④ 「べー」と舌を突き出して下に伸ばす


①~④1セットとし、1日30セットを目標に行いましょう。
( 声は出さなくてもOK! )

「あー」「いー」「うー」は口輪筋(口の周りの筋肉)を鍛える動きです。
「べー」で鍛えられるのは舌筋です。


お子さんの口の動きは大丈夫でしょうか?
よく観察してみてください☆
ちょっとした心がけで、お子さんの口呼吸をふせぐ事ができるかもしれません(^^)!

スポンサーサイト

MFT大会(H23)

Cさん


10月23日にMFT大会にいってきました!

MFTとは口腔筋機能療法のことで、口腔周囲筋(お口の周り筋肉)をトレーニングするとともに、摂食・咀嚼・嚥下・発音などの機能訓練によって口腔機能を正常化することです。

今、歯並びの悪い子が増えていますが、お口の周りの筋肉の使い方、バランスがとれてないと歯並びは悪くなってしまいます。

また、せっかくきれいに歯を矯正治療した後でも、バランスや筋肉の使い方がそのままだと歯が後戻りしやすいのです。

それでは時間もお金ももったいないですよね。。。(;‐;)


当院でも、矯正治療中の患者さんに対してMFT(口腔筋機能療法)を行い、後戻りしないよう、力をいれています!

できるだけわかりやすくトレーニングできるように気をつけていますが、実は簡単そうにみえてなかなか難しいものなのです。

MFTは歯科医院に来た時だけすればいいものではなく、日々続けることが大事なのです。

ですので自宅でのトレーニングも大事で、ご家族の方の協力なしではできません!

ご家族の方の力がとても大切なのです。

「大変そう。。。」と思われるかもしれませんが、メリットもあります(^^)

MFTは小顔効果があります。
筋肉を鍛えることによって、お口の周りや顎がスッキリしてきます(^o^)
また器具なども必要ないので、経済的です。
お顔周りの気になりだしたお母さま!おすすめです!

もうひとつは,ご家族みんなで行うことにより、親子のコミニュケーションの1つとして行えることです☆

これが一番のメリットだと思います(^^)!!


毎日続けてもらうためにはできるだけ楽しくトレーニングしていただきたいと思い、当院ではガムを使ったりしています☆


ガムトレーニング☆

① まず左右の歯でガムが軟らかくなるまで噛みます。
歯は使わず、上あごと舌だけでボール上に丸めます。
(片噛みを治し、噛む力をつけます)
PICT0074_convert_20111217033738.jpg



② ガムを上あごの中央に舌でギューっと押しつけます。
円状に広げましょう!
(舌の筋力をつけます)
PICT0077_convert_20111217033757.jpg


③ ガムを上あごにつけたまま、つばを3回飲みこんでください。
正しい飲みかたができていると、のどにむかって3角形に流れます。

PICT0078_convert_20111217033815.jpg



簡単そうにみえて、なかなか難しいです(^^;)
できるかチャレンジしてみてください!!


カムゾウくん☆(噛みくだく力の検査、トレーニンググミ)
↓↓↓
PICT0017_convert_20111217034937.jpg


ぶどう味のグミです。

普通のグミに見えますが、硬さはフランスパンとあまり変わらない硬さです!

30秒間よく噛んでもらい、噛んだグミの大きさでどれくらい噛み砕く力があるのかチェックします(10歳以下のお子さんには40秒間噛んでもらいます)

良く噛めた例

PICT0019_convert_20111217033630.jpg



あまり噛めてない例

PICT0018_convert_20111217033600.jpg



噛む力がどれくらいあるのか、早く、おいしくチェックできます(^^)!


小さなお子さんにもわかりやすくトレーニングできるように、これからも伝えていきたいと思います。

モリタ 「デンタル ハイジニスト(DH) フォーラム 2011 in東京」

Cさん

9月11日にベルサール秋葉原で行われた 「デンタル ハイジニスト フォーラム 2011 in東京」に行かせていただきました!

DHフォーラムは第6回目の開催だそうですが、私ははじめての参加で、行く前からとても楽しみにしていました。

講演会の内容も充実していました。
講演会の内容は、
加藤 正治先生による 「セルフケア」
深川 優子先生による 「ホワイト二ング」
水木 さとみ先生・石原 美樹先生による 「TBI」
吉野 敏明先生・巻島 由香里先生による「SRP」です。
 
1回の講演会でさまざまな分野を勉強させていただきました。

他にもメーカーさんの展示ブースもあり、新製品の説明や、試供品の体験もでき、あっという間の1日でした。

ランチタイムで配られたお弁当もおいしく、そしてすごく可愛かったです(*^-^*)

Img_convert_20111104214901.jpg

歯科業界は日々進歩しています。
歯科衛生士になる前の勉強も大切ですが、歯科衛生士になってからの勉強は、成長するためにも、とても大事だと思いました。

また学んだことを、ただ関心して終わってしまっては意味がないので、自分にとっての知識や技術にすることが大切だと思います。

こうして常に学べる機会を設けてくれる院長先生にはとても感謝しています!


これからも日々勉強して、プロとして患者さんに知識や技術を安心して提供できるような歯科衛生士をめざしていきたいです
(^^)!!

「顎顔面矯正治療のすすめ」

Cさん
8月も終わって最近ほーんの少し涼しくなってきました(^^)

もうすぐ秋ですね~!

平成23年8月21日に講習会に行かせていただきました。

この日はあいにくの雨でしたが、おかげで涼しいなか勉強させていただきました(^-^)

内容は、顎顔面矯正治療についてです。

講師の先生は、黒江 和斗先生です。

色々な症例を教えていただき、改めてかみ合わせの悪さ(不正咬合)・歯並びの悪さ(歯列不正)について色々考えさせられ、とても刺激を受けました。


不正咬合も歯列不正も増加傾向にあります。
なかでも歯と顎骨の不調和に起因する、不正咬合の増加が著しいのです。

歯や顎骨の不調和は、先史時代から歴史時代を経て現代において人間の顎が小さくなり、歯は大きくなっているのが一番の原因です。

顎の大きさに対して歯のスペースが足りず、歯の生えかわりの時期から歯並びに問題をおこし、かみ合せにも影響するのです。

そしてその主因は、食べ物の軟食化により、正常な顎や口腔機能の発達を得られず、咀嚼機能の低下や生活習慣の変革によるものです。

原点に戻ると、偏食をやめ、良くかむことが歯や顎にとって大切なのです!


さらにかみ合せや歯並びは、全身にさまざまな影響をもたらします。


上顎の発育不全による鼻呼吸障害や、いびき、子供の夜間遺尿症(おねしょ)、睡眠障害、開口による気道確保が頭の位置に変化をもたらし、不良姿勢ももたらします。

そして成長とともに顔貌にも影響します。


顎顔面矯正とは、顎の骨や歯の成長とともに矯正治療を行い、正しく成長させる治療法です。
成長期の子どもに特に有効な矯正治療方です。

そして、ただ歯並びを良くするだけでなく、体全身を本来の正しい成長に導き、健康にも大きく影響するのです。


当院ではそういった成長期の子供(小学校4年生位まで)の歯並びの治療に力をいれています。

成長期のお子様の歯並びや気になることがもしあれば、一度ご相談にいらしてください。

h23・7・10講習会

Aさん

少し前に、苦情対応、実践研修会に東京八重洲まで行ってきました(^-^)

研修プログラムの中にグループミーテイングがあり、当日に出題された事例を何人かの
グループに分かれて話し合いその結果を代表者1人が発表するという研修がありました。
見事にジャンケンにストレート負けで私が代表者になってしまいました(泣)ガーン!!

7分間という短い時間の中で、意見を出し合いまとめて発表するというのは
以外と難しく大変でした(@-@;)

大勢の前での発表だったのでものすご~く緊張しましたが、なんとか無事に終えることが
出来ましたv(^^)v
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mizumachishika

Author:mizumachishika
水町歯科医院のスタッフです。
院内新聞の「歯っぴいニュース」もあわせて
よろしくお願いいたします☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。